学術データベース
学術データ詳細
2021年度食文化研究の動向
著者名
東四柳祥子(報告担当) (HIGASHIYOTSUYANAGI Shoko)
出版社/掲載誌名
(一社)日本家政学会食文化研究部会
出版日
2022/9
概要
(一社)日本家政学会食文化研究部会9月例会にて、報告 日時 2022年9月10日(土)14~16時 *オンライン 本報告は、2021年度「食文化史関係文献」(2021年4月~2022年3月)に収録された食関連研究を主に渉猟・再考し、その研究動向と今後の方向性の提示を試みるものである。なお今年度より、文献目録委員会の立ち上げを機に報告のスタイルを一新し、昨年の出版にみられた傾向をいくつかのテーマに絞り込み、注目すべき業績の意義について検討することに努めた。2020年春の蔓延より未だ終息がみえない新型コロナウィルスの影響下の食文化研究において、主題の求め方や研究手法に、コロナ禍以前との差異はみえるのだろうか。劇的に変化した社会生活の様相や新たな法整備の影響などを鑑みながら、食文化研究の今を考える一助となる報告を目指した。 ●文献目録委員会:石川尚子・江原絢子・遠藤由美子・大久保洋子・伊尾木将之・増田真祐美・東四柳祥子